【福岡カレー部】ゴーゴーカレー食べてきた


カレーは世界を繋げる。

いろいろなスパイスが混ざり合うことで、今までになかった旨みがうまれることもある。

そんな世界観と同じように、福岡カレー部では「カレーが好き」なだけで繋がり

新しいアクションを起こしています。

 

今回は、そんな福岡カレー部で話題の「ゴーゴーカレー」にいってみました。

■金沢カレーブームの火付け役「ゴーゴーカレー」とは

母体は株式会社ゴーゴーシステム。本社は石川県金沢市。

直営店、フランチャイズにより石川県、東京都などを中心に店舗を展開している。

松井秀喜をモチーフとしたと思われるゴリラがトレードマーク。55という数字も背番号からきている。

8月5日にオンラインショップ 元気の素スタジアムをオープンした。

数字の「5」にこだわり、ルーは55の工程を5時間かけて煮込んでいる。

・ゴーゴータイム

開店から17:55までをゴーゴータイムと称して値引きを行っている(ゴーゴーカレー丼丼店を除く)。

ゴーゴータイムではロースカツカレーのみが100円引きとなる。

・ライスの量

  • ヘルシークラス (小盛り -50円)
  • エコノミークラス (通常盛り)
  • ビジネスクラス (大盛り +100円)
  • ファーストクラス (特盛り +200円)

【HP】 http://www.gogocurry.com/

 

■ゴーゴーカレーを食べてみた

店内に入ると、大盛りが好きそうなぽちゃっとしたお客もいれば

結婚式帰りなのだろうか、ドレスのお客さんもいるというゴーゴーカレーらしくない

ゆったりと食べれる雰囲気の店内でした。

 

券売機でチケットを購入。今回はビビッて「ビジネス(大盛り)」にしてしまった。

こちらはビジネスサイズ(大盛り)です。
こちらがビジネスサイズ(大盛り)です。さらにファーストクラスなどもありました。

 

ルーの上にはカツ。そしてしっかりとソースが。こりゃまた高カロリーですね。

さらに模造さに置かれた千切りのキャベツと「濃厚」といわれるルーがドロリッチとかかっていました。

今回も自撮りでお届けです。
今回も自撮りでお届けです。こちらは一口目。まだ元気です(ひげは休日なのでお許しを)

濃厚ルーは、日本風のカレーの味でした。スパイシーなカレーを食うことが多いので

たまにはこんな味もいいなー。と思ったけど、ほんと濃厚でした。

 

ゴーゴーカレーを食べながら、壁に貼ってある色んな記事に目を向けました。

「カレーを食べてもらって元気になってもらいたい」「カレー界のメジャーになる」

インスパイアされたのは、「松井秀樹のホームラン」だったそうです。

 

先日、国民栄誉賞をもらった松井秀樹を思いだしながら

この「ゴーゴー」にも「ゴリラ」のロゴにも意味があるんだなーと

今更ながら知ることができました。やっぱり名前などは本当に大事ですね。

 

といいつつ、後半は同じ味に飽きてきたのと、ご飯の量が多く・・・

んー最後はさすがに苦しく。。。汗が止まりませんでした。

さすがに苦しく。。。汗が止まりませんでした。

なんとか手を止めずに食べ切りましたが、次回は万全の体調&お腹ぺこり亭で来ようと思いました。

 

なんとスプーンではなく「フォーク」なんです。

なんとスプーンではなく「フォーク」なんです。

そうそう、このゴーゴーカレーではカツがあるのと、ルーが濃厚すぎて垂れないためフォークで召し上がるというスタイルをとっていました。

テーブルには大量の福神漬けが。

テーブルには大量の福神漬けが。

こちらは救世主の「福神漬け」。消費量がすごいんでしょう。箱盛りで置いていました。

5の付く日はポイント5倍ではなくトッピング券がもらえます。

※5の付く日はポイント5倍ではなくトッピング券がもらえます。

 

■感想は「テンションあげていくといい」

珍しさ&食べておこう的な感じで足を運びましたが

どうせなら「〇分で食べる」とか「ワールドチャンピオンクラスを食べる」など

ちょっとネタ的に足を運ぶ方がいいのかなーなんて思いました。

 

あ、でもご飯は粗末にしないようにね。

最後に・・・。先日のイーティングチャンピオンシップの記事を。

こんな偶然もある「ゴーゴーカレー」さん。勝手に縁を感じて応援させて頂きまっくす。

969453_10201240292670042_1924475110_n

※MAHOROBAのまっくすとは関係ございません。ご了承ください。