今すぐ役立つ!刺さる企画書を作るために使いたいツール・素材集16個まとめ


「人は見た目が9割」と言われるように、人は見た目で受ける印象がガラッと変わります。

これは企画書でも言える事です。

 

もちろん企画書の内容が最も重要ですが、より説得力を増したり、見た目で損しないために

「企画書の見栄え」もできるだけよくしたいところ。

 

そこで今回は、企画書づくりで使えるツールや素材集を16個ご紹介します。

これを使って見た人に「刺さる」企画書を作ってみましょう!

 

■目次

【1】キレイなグラフを作れるツール(×2種)

【2】ワイヤーやチャートなどの作成に使えるツール(×2種)

【3】パワポのテンプレートを入手できるサイト(×5種)

【4】簡単にアンケートを取れるツール&サービス(×1種)

【5】全画面キャプチャーをキレイに撮るツール(×1種)

【6】写真素材をダウンロードできるサービス(×3種)

【7】イラスト/アイコンをダウンロード出来るサービス(×2種)

 

【1】キレイなグラフを作れるツール

「Juice Labs – Chart Chooser」

07

用途別にどんなグラフを使えば良いか知ることができます。

さらにそのグラフの素材をダウンロードできるのが便利です。

IDEA*IDEAに解説記事も載ってましたね)

「Chart Tool」

08

「Chart Tool」は、見栄えの良いチャートやグラフをオンライン上で簡単に作れるツールです。

棒グラフから折れ線グラフ、メーター、円グラフなど色々な種類が用意されています。

【2】ワイヤーやチャートなどの作成に使えるツール

「Cacoo」

11

ワイヤーフレームをオンライン上で作れるサービス。

アイコンが豊富に取り揃えられていたり、画像化して簡単にパワポにコピペできるのが良いですね。

最近だとCacoo Storeというのがあって、そこで販売されている素材の数を

購入できるようになっています。

「Power Mockup」

12

パワポの拡張機能のようなもので、パワーポイントに数百のワイヤー用ステンシルを

インストールする事ができます。

このツールを使えば、簡単にパワポでワイヤーが作れるようになります。

【3】パワポのテンプレートを入手できるサイト

「書式の王様」

02

「書式の王様」ではスケジュール・フローチャート・売上計画などの

PowerPointテンプレが一杯です。

全てのファイル形式を含めると1067個もテンプレが無料でダウンロードできます。

「泣ける!!プレゼンテーションへの8つのステップ」

03

泣ける!!プレゼンテーションへの8つのステップでは、

プレゼンテーション成功までの方法とPowerPointの使い方がStep形式で基礎から説明しています。

その一環でパワポのテンプレも豊富に用意してくれていて、事業戦略・ビジネスプラン

調査報告など、ビジネスの現場で使えそうなテンプレが一杯あります。

「Digi仕事ビジネスダウンロードPowerPoint/マイナビ」

04

「Digi仕事ビジネスダウンロードPowerPoint」は、

マイナビ内にあるパワポのテンプレ配布コーナーです。キレイな企画書を作るためには、

資料内の要素の配色を考える必要がありますが、

ここでは「プレミアム・レッド」「プレミアム・ブルー」など、

色ごとにグラフ・4ステップの説明スライド等9点セットを無料でダウンロードでき重宝します。

「パワーポイントのテンプレート図解/企画実践Labo」

05

企画実践Laboでは、「マーケティングプロセス設計シート」「営業プロセス課題発見シート」

「SWOT分析シート」など、戦略の提案の時にも使えるテンプレが豊富に用意されています。

「Free PowerPoint templates/Sonia Coleman’s」

06

このサイトでは、プレゼンテーションZenに出て来そうな写真を効果的に使った

シンプルスライドで、且つ実務の現場でも使えそうなテンプレートを多数ダウンロードできます。

【4】簡単にアンケートを取れるツール&サービス

「Fastask」

09

セルフ型のネットリサーチです。短期間で安価に調査を集められます。

企画書に説得力を持たせるデータの収集にお使い下さい。

【5】全画面キャプチャーをキレイに撮るツール

「Page Saver」

10

全画面キャプチャーを撮れるFireFox用の拡張機能です。

以前までChromeの「Screen Capture」という拡張機能を使ってキャプチャーしていたのですが

画面が途中で切れてしまう事が多くなったため、最近は「Page Saver」がオススメです。

【6】写真素材をダウンロードできるサービス

「PIXTA」

13

写真素材と言えば、500満点以上の画像素材があるPIXTA。

プレゼンテーションzenのようなシンプルプレゼンの資料を作るには欠かせないサービスです。


無料で写真素材を使いたいという方は、素材点数はPIXTAより少ないですが、

以下のサイトを見てみると良いでしょう。

「足成」

14

足成はアマチュアカメラマンが撮影した写真素材を無料でダウンロードできるサイトです。

高画質素材もあるため重宝します。

「ぱくたそ」

15

大川さんやOZPAさんもモデルとして写真提供しているサイト。

プレゼンで使える「吹き出しととしてコメントを入れやすい写真」が豊富です。

 

【7】イラスト/アイコンをダウンロード出来るサービス

「プレゼン素材・クリップアート/WISDOM」

16

ビジネスで使える500個以上のイラストや素材をダウンロードできます。

「ICON FINDER」

17

「ICON FINDER」は、世界最大規模のアイコン素材ダウンロードサイトです。

英語ですが欲しいアイコンを検索するとかなりの数のヒットがあります。

最後に

今回紹介したサイトやツールはいかがでしたか?すぐに使えるものばかりでしたね!

ただ、写真素材やアイコン等を使うにも、どういう場面でどう使うかの

戦略部分がなっていないとただゴチャゴチャしてしまうだけです。

 

そこら辺から学びたい方は、以下の記事を参考にしてみて下さい!

記事引用元
http://www.find-job.net/startup/tools-for-making-the-proposal