NPO現場の5ヶ月間で感じた3つのこと。


早いもので明日で年度末。

IMG_6788

そして僕が京都に引っ越してきてから仕事をはじめて
もう5ヶ月が経とうとしています。

というところですが、なんと明日を持って今まで勤務していた
京都市市民活動総合センター」を離れることとなりました。

そこで、これまでの5ヶ月間で学んだことを改めて振返り
みんなに知ってほしいなーということを伝えられればと思います。

 

■京都市市民活動総合センターとは?

20140228142958

まず最初に勤めていた場所がどういった施設なのかご説明です。
京都市市民活動総合センター(通称:しみセン)は京都市の施設であり
公設民営で管理されている場所になります。ここをうちが指定管理で管理運営しています。

市民活動総合センターは、NPOやボランティア団体等による
公益的な市民活動を、特定の分野や領域を超えて、総合的に支援するとともに
市民の交流及び連携の促進を図るための拠点施設です。

■5つの機能

  • 1.情報収集・提供機能、調査・研究機能
    2.相談機能
    3.インキュベーション(市民活動育成)機能
    4.活動工房機能
    5.交流連携機能

■特徴的な事業

  • 1.幅広い市民が自由に参加できる「市民活動交流サロン」の開催
    2.市民活動初心者から上級者まで段階に応じたインキュベーション機能の充実
    「NPO初歩講座」や「NPOマネジメントセミナー」の開催、「スモールオフィス」の設置
    3.4センター連携による一体的なインターネットを活用した「情報提供システム」の運営
    4.市民活動団体と企業や大学等との連携と協働による「リエゾン(連絡)オフィス」の運営

IMG_1168

こういった施設で私は事業コーディネーターとして
様々なNPO/市民活動団体の方にお会いしたり、お話させて頂いたりし
また団体が抱える課題についての解決法や、同施設のPRに関して
色々とアイディアを実践したりなど行っていました。

その中で、たくさんの学びと気づきがありましたが
改めてNPO法人に就職し、仕事をしたうえで学んだことを
3つだけご紹介できればと思います。

 

■NPO/市民活動は、社会になくてはならない存在。

現在活動する団体、そしてこれから活動する人達が増えること。
これによって、社会は支えられているということに気づきました。

前職のときには、2つのNPO法人に携わり活動をしていましたが
元気で若い人達で活動をしていたことと、他のNPO団体とともに
活動をするということが少なかったとなと僕ですら感じています。

現職につき、職場がNPO/市民活動の総合センターということもあり
ここでは、様々なジャンルの取組みがあり、色んな人達が団体に関わり
日々活動をされていることを目の当たりにしました。

IMG_9451
「市民活動総合センターの活動内容紹介のためα-stationに出演!」

またその中には、活動が活発な団体もたくさん存在していて
活動により生活が助けられたり、安心して過ごせるという人達がいることを知りました。
ただ一方で、これだけ多くの方々が活動しなければならないくらい
街のどこかに「社会課題」と呼べるものが存在していて
気付いた人達がほっとかずに活動していかないといけなくなっていると。

改めて、この「NPO/市民活動」の存在は社会にとても大きな影響を与えており
社会全体で応援し、参加することが大切だと思いました。

 

■PRすることよりも現場のことで手いっぱい

活動の内容や、そこに携わる人々が持つ能力については
専門性も高く、業界の事情を把握したうえで、やるべきことをやっている人が多い。

同施設では、広くNPOに関係する様々な業務に対しての相談があることから
NPO/市民活動の設立申請・運営・継続にあたっての相談対応や、団体同士のコーディネート
さらにボランティアを始めてみたい方まで、様々な方々と関わりながら
市民活動全体を盛り上げていく仕組みがありました。

新米NPOの僕は、設立申請の方法も、相談に対する答えもあまりなく
“NPO法人で活動していた”という経験はあまり役に立たず・・・。

多くの団体が抱える悩みを分析し、どういった問いと解があるのかを
きちんと兼ね備えている人達はそう多くはないと思います。

しかしながら、これまでの僕が感じていた”市民活動”と呼ばれていて
しかもその情報が「面白いなー」と思って見ていたのは
greenz.jp』というサイトからの情報がほとんどでした。

なんだかこれって、とっても偏っていたんだなーと思いつつ
(発信する側も情報を受け取る側も)
僕ができる広告スキルとSNSなどを使ったプロモーション
及び新しいコンテンツつくりのアイディア力をここで活用してみました。

色々な決まりやルールがあるなかでも、どういった工夫をしてみたり
発信方法をすればうまくいくのかは試行錯誤でしたが
「自身が楽しみながらできること」をやろうと決めて実践してみました。

IMG_9255

活動のゴールは、認知を広げること。

これを念頭に置きながら、自分達が持ち合わせる要素(スキルや能力、人脈など)を組み合せ
効果的に発信をすることを実践していきました。

「今日は何の日?」「今日のなぞなぞ」「魅せる本棚」「機能紹介ブログ」

小さなことではありますが、ちょっとした変化から
この施設を知らなかった人にも情報が届いたのかなと思います。

次第に色んな方が足を運んでくださる人が増えたことは
僕が取組みを行う上でも嬉しい出来事になりました。

IMG_8962
防災ガールのみさきちゃん。

IMG_1819
YouthCreate ~若者と政治をつなぐ ~の原田くん

IMG_7533
EN Lab. の荒井さん

IMG_0167
ソトコト編集部さんが取り上げてくださった「勝手にソトコトweek!!」

今後もこの発信力は、引き続き磨いていきながら
自分たちの魅力発信をうまくなる団体が増えるような取組みを増やしたいと思いました。

 

■自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ

ここで、その言葉をいっちゃうかーという感じですが
これが一番大きな気づきだったようにも思えました。

僕自身は、今回『民間企業』から突然訪れた異物でした(笑)
しかもタイトルのようなことをいう会社からやってきて
以前の職場とは違うと感じたあれこれを気になったら伝え
まずは自らやってみることからスタートしていきました。

ただ、「その場に従う」のではなく、「自分で創ってみる」ことで
色々な反響も返ってくるし、いい方向に進むことだってあったんです。

例えば、ブラックボードを書き換えていれば、声を掛けてくれるし
続けて書いてくれる人も出てきてくれました。

館内の展示位置を変えてみると、「もっとこうしたらいいよね!」と
アイディアをくれて一緒に動かしてくれる人がいました。

そうやって、何か僕がやっていたのは、よくわからないからこそ
「こんなのどうですか?」と言えて、それをきっかけにアイディアが出てくる。
そんな仕組みが生まれていたように思います。

これには、きっとそんな僕を受け入れてくれるような風土がここにあり
それが大事だと思ってくれているみなさんがいたからこそなんだろうなと。

ということで、何はともあれどんなところでも
この気持ちでやってればうまくいくことがあるんだということです(笑)

IMG_6104

さて、本日でこちらの職場は最終出社となります。
記念すべき10周年特別号に出られてことも嬉しかったし
変わらずみなさんと、もっともっとNPO/市民活動を支えられる
存在としてなれるよう、精進したいと思います。

気になるみなさんは、是非こちらのページを
クリックしてみて、いいね!を押してみてくださいね♪

■京都市市民活動総合センター
http://www.facebook.com/shimisen