キャンドルナイトをフラッシュモブでやってみた


2013年6月21日。夏至の日の夜。

 

全国の様々な場所で行われている僕の好きなイベントがあります。

それが「100万人のキャンドルナイト」です、

1001634_521790961221500_225410041_n

■100万人のキャンドルナイト

夏至と冬至の夜2時間。

でんきを消して、キャンドルをともし

いつもとはちょっと違う時間を過ごしてみる。

 
忙しい時間の中では見逃してしまいがちな

様々な「気づき」に出会い、ゆっくりと見つめること

未来への明るい礎を積み上げていきましょう、という呼びかけ。

先日、東京で行われた「Event Festival Tokyo」で

伊藤菜衣子さんのお話を聞いて、今年もやりたいなと思っていました。

 

そしてそんな時にふと思ったのが、以前やりたいと思っていたフラッシュモブ。

Classical_Music_Flashmob

少女が入れた一枚のコインから始まる、オーケストラのフラッシュモブ

※クリックすると動画がみれます

 

このフラッシュモブとは、インターネット、特にEメールを介して

不特定多数の人間が公共の場に突如集合し目的を達成すると即座に解散する行為のこと。

 

今回はこのキャンドルナイトをフラッシュモブ形式でやってみよう。

そんなことを発案してみました。

——————————————————————————————————————-

案内文はこちら

日常の中にあるマチとヒトと時間を感じる

やさしくあったかい「気づき」の空間をつくりたい。

 

例えば、誰かとの意見の食い違いでイライラしたり

多忙な毎日に追われ疲弊してしまうことがあったり

想いが伝わらずにモヤモヤしてしまうことがあります。

 

そんなときは、友人や家族、会社の仲間とビアガーデンにパァッと飲みに行くのもよし。

おいしい料理を囲んで、わいわい笑顔で話すのもよし。

 

でも、ちょうど今度の金曜日は「夏至の日」です。

そして僕が好きなイベントが年に2回「夏至」と「冬至」に開催されているので

それを大好きな福岡の街でも開催したいと思いました

 

こういうカタチを考えたのは

もしかしたら普段出会っているかもしれない人達が繋がること。

見知らぬ人達から一緒に作った人達に変わるかもしれないこと。

そしてひとりじゃできないけど、みんなならできそうだから。

 

参加者が集まりましたら日時と場所をお伝えします。

そこにみんなでキャンドルを持ち寄り30分間だけ「やさしい時間」を一緒に過ごしましょう。

このイベントを知って興味を持ってくれたみなさんと

このイベントを知らずに場に居合わせたみなさんと

街の中に、いつもと違った時間と場所をつくってみる。

 

なんだかいいなと思った方は、あなたの好きなキャンドルを1つ持ってお集まりください

たくさんの方のお越しをお待ちしています。

——————————————————————————————————————-

で、やってみました。

 

10時になったら、警固公園のまんなかにおもむろにキャンドルを置きました。

IMG_3763

すると待っていた人たちが徐々に徐々に集まってきて・・・

IMG_5106

みんな待っててくれたのか、あっという間に20名~30名くらいの人が集まってくれて

じゃっかん雰囲気は「追悼」だったり「宗教」だったり、そんな雰囲気に(笑)

 

ただ、そう見えなかったのはきっと集まってくれた人達のおかげでした。

知らない人同士なのに、キャンドルを囲んでワイワイ話す人達。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真を撮って楽しんでくれる参加者。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

公園の中に30分だけ(実際は1時間近くいた)、特別な時間をつくることができました。

 

でもこのとき、僕が面白いと思ったことは参加者の交流以上に

「なにやってんの?宗教?まじ?」みたいに絡んでくる若い兄ちゃんたちがいたり

「わぁーきれいねー。何してるの?」と話しかけてくれるおばちゃんがいたことでした。

 

普段であれば、ただ通り過ぎる場所。

普段であれば、ただすれ違うだけの人達。

 

それが、なにか「機会」をつくることで、繋がりが生まれたこと。

街の中に「対話の場」をつくれたことが面白かったなと思いました。

 

んでもっていうと、おてんとさまも「それいいからやってみなよ」と

台風を消し去り、雨を吹き飛ばしてくれたんだと思いました。

 

温かな時間に包まれた夏至の夜。

ご参加のみなさん、本当にありがとうございました。

またやりましょうね。次はシャボン玉×フラッシュモブしたいな。

IMG_6056

こちらはミニプロジェクターを利用した人間アート。洒落乙でした。

(※モデルはテアソビデパートメントの松村さん)

 

【関連記事】

瞑想フラッシュモブ

http://ecocolo.com/journal/event/000345.html

1000000人のキャンドルナイト@OSAKA CITY

http://www.candle-night-osaka.jp/

「100万人のキャンドルナイト活動停止のお知らせ」真相が明らかに!

http://greenz.jp/2010/04/02/candlenight_shinsou_2/